感染 症 法 改正。 改正コロナ特措法とは……感染者の入院拒否・虚偽報告に過料も [医療情報・ニュース] All About

新型コロナ「入院や調査の拒否は犯罪」感染症法改正で刑事罰は必要か…正当性を考察

法 感染 改正 症 法 感染 改正 症

😝 それに加え、【】でも述べたように、現行法で、「入院勧告」に従わない場合に、本人の意思によらない「強制的な入院措置」をとることを認めているのに、「入院拒否」に対する罰則を適用することの意味がわからないという問題がある(厚労省は、「入院措置」は、本人の意思にかかわりなく入院させることができる「即時強制」と説明しているが、実際には使われていない)。

17

経団連、連合、保健所、全国知事会など立場で違う、2月の感染症法等新型コロナ関連法改正への意見と人権の制限への心配

法 感染 改正 症 法 感染 改正 症

⚔ また、今回の法改正では、個人の自由が制限される可能性があります。

1

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律

法 感染 改正 症 法 感染 改正 症

✌ 他方で、新型コロナウイルスには発症前にも強い感染力があるという特徴が認められ、入院措置・調査の拒否者等に対して刑罰を科したからといって感染拡大が防止できる訳ではない。 こうした権利を制限することが正当化されるかは様々な見方があります。

2月13日改正法施行!「特措法」「感染症法」ってどんな法律?何が変わった?

法 感染 改正 症 法 感染 改正 症

♨ 時事通信: 「 」(1月29日)• 136の学会で構成されている も、新型コロナウイルスの感染者が入院勧告を拒否したり保健所の調査を拒んだりした場合の罰則の創設を検討していることについて、 罰則に反対する声明を発表し、「感染症制御は国民の理解と協力によるべきだ」としています。 H26. しかし、この感染症法改正による罰則導入については、罰則を導入することで、検査や感染報告を躊躇させることになり、かえって感染拡大につながりかねないという実質的面からの指摘がある。 厚生労働省 感染症部会:• 被疑者の逮捕の要件を定める刑訴法199条は、「軽微な犯罪」については、「住居不定か出頭拒否の場合」に限って逮捕を認めている。

新型コロナ「入院や調査の拒否は犯罪」感染症法改正で刑事罰は必要か…正当性を考察

法 感染 改正 症 法 感染 改正 症

😊 かかる要請・命令を出す場合には、憲法の求める「正当な補償」となる対象事業者への必要かつ十分な補償がなされなければならず、その内容も改正案成立と同時に明らかにされなければならない。

4

日本弁護士連合会:感染症法・特措法の改正法案に反対する会長声明

法 感染 改正 症 法 感染 改正 症

☺ 感染症対策は複雑で、感染拡大の段階によって対応が異なってきますし、感染症によっても対応が異なります。 私の医学的知見が不十分なので専門家の方々の意見も聞きたいところではありますが、まず、すでに感染してしまっている方からの感染をどう防止するかは、医学的判断を最優先にすべきではないかと考えます。 感染症法では、指定感染症の場合、緊急事態宣言下でなくても、入院を拒否したり、入院先から逃げたりした感染者に対しては、50万円以下の過料が科されます。

19

特措法、感染症法の罰則規定はなぜ問題なのか

法 感染 改正 症 法 感染 改正 症

⌛ 「特別な病気」としたイメージが広がり、診療拒否や受診控えや、地域医療体制のバランスを崩すことになりかねない ・保健所は住民に寄り添い、住民の健康と命を守る使命をもって業務を行っているが、もし罰則を振りかざした脅しを行うことにより住民の私権を制限することになればアンビバレンスと言わざるを得ず、職員の気概も失われ、住民からの信頼関係を築くことは困難になり、住民目線の支援に支障をきたす恐れがある。

16